総合診療科の求人特集【医師・看護師の転職サイト口コミランキング】

総合診療科の求人特集 TOP >> 総合診療科の医師 >> 総合診療科の医師求人の探し方

総合診療科の医師求人の探し方

総合診療科の医師求人を探すには、医師専門の転職エージェントを利用すべきでしょう。転職エージェントを薦めるのは、3つの理由があります。

第1に、総合診療科は、プライマリ・ケアの概念の元、新しく創設された科です。そのため、総合診療科がある医療機関は、日本でも限られています。総合診療科の国内の医療施設リストは、「日本プライマリ・ケア連合学会」のホームページに記載されています。一度、ご覧になった方はわかると思うのですが、総合診療科を持っている医療機関は、いわゆる「大病院」が多いのです。大きな病院の求人を持っているのは、大手の転職エージェントです。

当サイトのランキングで紹介した転職エージェント「医師転職ドットコム」「リクルートドクターズキャリア」「エムスリーキャリア」の3社は、医師転職サービス市場の3強と言われています。この3社は、大病院の求人が集まりやすいので、総合診療科の求人を探すなら、登録しておきましょう。

第2に、医師転職エージェントは、在宅医の求人も多数持っています。プライマリ・ケアの先進国である英国では、「プライマリ・ケアの実践者=在宅医」と言っても過言ではありません。英国のプライマリ・ケアに影響を受けた医師は、総合診療科よりも、在宅医の仕事を選ぶ傾向があります。2007年に高齢化率21%を超えた日本は、「超高齢化社会」です。 病院や施設ではなく、いつまでも住み慣れた地域で暮らしたいというお年寄りが増えていることもあって、ますます在宅医療が重視される社会になっていくでしょう。在宅医の求人を探す場合も、先ほどご紹介した転職エージェント3社すべて、もしくはいずれかに登録しておくと、スムーズに転職活動が進むでしょう。

第3に、最近では、医師の転職活動において、医師転職エージェントに登録しておかないと、転職活動そのものが難航するようです。以前は、口コミや紹介によって、転職する医師が多かったようですが、今では「派閥人事」「コネ」と紹介が嫌われる傾向になります。いわゆる上の人間にこびを売って出世を目指すのではなく、人間関係の面倒なしがらみを避け、自分のやりたい医療を提供したいという医師が増えているのでしょう。転職エージェントは「自身のビジョン」「希望する年収額」等がきちんと反映されるので、現代の医師の転職活動の定番となりつつあります。公平に優秀な人材を得るために、転職エージェントに求人依頼をかける病院が急増しているようです。

転職エージェントは、もはや医師の転職活動の「常識」となりつつあります。当サイトでご紹介している医師転職エージェントは、信頼と実績に裏打ちされた会社ばかりです。総合診療科、在宅医の求人を見つけたいなら、早めに登録しておきましょう。

総合診療科の求人サイト 人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム
公式サイトはこちら

>>総合診療科の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 総合診療科の求人特集 All Rights Reserved.